不具合が出る

太陽光パネル

給湯器はとても便利ですが、その反面故障をしてしまうと一気に生活が不便になってしまいます。通常給湯器は10年から15年が寿命と言われています。長持ちする場合は20年は故障をせずに持つことがありますが、15年目当たりに差し掛かったら故障することを見越して修理をするか買い替えるかを考えておいてもいいでしょう。給湯器が故障するときにはそのサインがあります。一つは、お湯の温度が厚くなったりぬるくなったりする時です。安定しないお湯の温度を感じたらそれは故障のサインです。また、温度が設定温度以下のお湯しか出ない場合も故障と判断して間違いないでしょう。もし、故障した場合修理を依頼しても本体価格並みになってしまう場合は、新しく給湯器を購入するべきです。

給湯器を購入するときに一番気になるのはその価格です。あまり知られていませんが、給湯器には号数があります。縦叔母16号、20号、24号という感じで定められています。この号数には意味があり、「25度以上のお湯を何リットル出すことができるか」という数字です。つまり、上記の3つの数字では24号が一番スペック的に高いということです。具体的な価格について考えてみましょう。一戸建て住宅に4人家族で住んでいる場合、まず、どの給湯器が適当かといえば、20号がちょうどいいスペックになります。20号の本体価格は7万円から8万円ぐらいで、それを動かすリモコン(壁に埋め込まれているやつ)が2万円程度、工事費が3万円程度で12万円から13万円ぐらいが相場になります。